強風のモハーの断崖|アイルランドを訪ねて

12月の寒い時期にアイルランドツアーに参加しました。

その時に訪れたのが「モハーの断崖」。

この場所を紹介します。

スポンサーリンク

アイルランドを訪ねて

海外の旅行ツアーで、どこか遠くで安い所がないかなと思って見つけたのがアイルランド。

12月は日本は師走で忙しい時期ですし、アイルランドも北にある地域で冬は寒いですから、旅行者が少ない傾向にあるので安くなっているのでしょう。

アイルランドはよく知らない国でした。

 

そもそも私はアイルランドはイギリスの一部だと思っていました。

イギリスはグレートブリテン連合王国として4つの地域から成り立っていると思って、その一部だと思っていました。

しかし、その4つの地域の一つは「北アイルランド」という「北」がついている地域でした。

アイルランドは独立した、ちゃんとした一つの国家です。

「えっ、アイルランドってイギリスの一部ではないんですか?」と同じツアーの人に話して少し恥ずかしい思いをしました。

 

街中や景勝地を周るツアーでしたが、その時に訪れたのが、「モハーの断崖」です。

モハーの断崖とは?

断崖は垂直に切り立った崖のことです。

断崖絶壁という言葉がありますが、このモハーの断崖はその言葉にぴったりの場所。

というのも崖の高さは200m。その高さが8kmに渡って続きます。

モハーの断崖

「モハー」とは、岬にあった廃墟の名前が由来です。ガイド誌によると、この廃墟自体はナポレオン戦争中に破壊されたそうな。

ずっと昔に壊されてしまった建物の名前が断崖の名前に残っています。

 

ここはアイルランド屈指の観光地で毎年100万人以上の人が訪れるそう。

私もアイルランド訪問で、自然景勝地の中ではここが一番迫力を感じた場所でもあります。

モハーの断崖

写真の上部にある小さな白い粒々は羊。崖のすぐ近くまでいます。

羊が落ちてしまわないか心配になっていますが、崖近くには柵があって落ちないようになっています。

人間も落ちないように1mぐらいの高さの石の板が並べられています。この石の板がないと非常に怖いです。

モハーの断崖こちらは石の板ごしに撮った写真ですが、海からの高さが200mあります。

私の行った日は

私の行った日は、残念なことに雨と強風の日でした。

恐怖を感じるほど風が強く、歩ける範囲は限られてしまいました。

日本から持っていった300円のカッパが風で引き裂かれて一部飛んでいってしまった程です。

モハーの断崖

崖の上から滝が流れているのですが、海からの強風で逆流しています。

写真にある塔、「オブライエン塔」という展望台まで行きたかったのですが、この水しぶきがひどくて行けませんでした。

天気がよければ最高の眺望だったのでしょうが、これもまた良い経験ができたということにします。モハーの断崖

場所

アイルランド西部に位置しています。

アイルランドの首都ダブリンから285km。バスで3時間半ほどかかります。

おわりに

200mの崖が8kmに渡って続くモハーの断崖を紹介しました。

雨と強風の中でのモハーの断崖訪問となりました。天気がよければ絶景でしたでしょうから、少々残念です。

スポンサーリンク