リオデジャネイロは首都なの?その名前の意味は?

2016年にブラジルで開かれた「リオデジャネイロオリンピック」。

初の南アメリカ大陸開催ということで注目されましたね。

「リオデジャネイロ」って特徴的な名前です。

この都市は首都なのか、また名前に意味ついてまとめました。参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

リオデジャネイロは首都?

オリンピックが開かれたから、首都なのかなと当然思いますよね。

しかし、リオデジャネイロは首都ではありません。

ブラジルの首都は「ブラジリア」です。

 

さらに、人口も「サンパウロ」に次いで2位です。

首都でもなく、人口規模も1位ではないところで開催されました。

しかし、キリストが両手を広げている像の写真は、ブラジルの象徴として見る機会が多いと思います。「コルコバードの丘」としてリオデジャネイロにありますよ。

この像がある場所として世界的に有名な場所なのです。

「リオデジャネイロ」の意味は?

リオデジャネイロ」はポルトガル語です。

「Rio de Janeiro」。

分解して読んでみると、「Rio」は「川」、「de」は「の」、「Janeiro」は「1月」です。

 

英語で1月は「January」なので、近い感じがしますね。

つまり、「1月の川」という意味なんですよ。

 

ではなぜ、「1月の川」なのかって思いますよね。

1501年1月1日に、ポルトガルの探検家が、リオデジャネイロにあるグアナバラ湾を発見したのです。これを大きな河口だと勘違いしたのだそう。

それで、「1月の川」と命名したのだそうです。

つまり勘違いして名付けられました。

コルコバードの像とは?

6d0548bf7dffbca0f43328bf37a1d02d
出典:https://blog.goo.ne.jp/travelagent

 

リオデジャネイロを象徴するような、このキリスト像ですが、1931年にブラジルの独立を記念して作られました。

2012年に世界遺産に登録されています。

「リオデジャネイロ:山と海との間のカリオカの景観群」という登録名です。

この像だけが世界遺産登録されたわけでなく、このあたり一帯の美しい景観を含めて登録されたのです。

 

このコルコバードの丘は、標高710m。像の高さは、39.6mです。

切り立った崖の上に、この像は立っていて、ここから見るリオデジャネイロの景観もとっても綺麗なのだそう。

ブラジルに行ったなら是非行ってみたい場所ですね。

まとめ

リオデジャネイロオリンピックが開かれたので、首都なのかなと思いきや、そうではありません。首都はブラジリアです。

リオデジャネイロの意味は「1月の川」。勘違いで名づけられたなんとも不思議な街なんですよ。(おわり)

 

 

スポンサーリンク